中学受験に必要な算数の基本テクニックを紹介しています。中学受験算数の独特な解法は、小学校では教わらない「裏技」的なものが多いので注意が必要です。
例題を使って、コツやポイントを押さえながら、なるべく丁寧な解説を心がけました。皆さまの理解の手助けとなれば嬉しいです。

スポンサーリンク
 

基本 速さ

速さとは

速さとは、一定時間に進む道のりのことです。
1時間で60㎞進むのならば、時速60㎞。毎時60㎞や60㎞/時(60km毎時)などと表されることもあります。
1分間で30m進むのならば分速30m、1秒間に10km進むのならば秒速10㎞となります。

スポンサーリンク

速さの解き方

速さの問題には3つの要素があります。「道のり」「速さ」「時間」です。 この内の2つがわかっていれば、もう1つは計算で出せます。

この図はみなさん見たことがあるでしょう。「みはじ」と覚えていると思います。 「み」は「道のり」、「は」は「速さ」、「じ」は「時間」を示しています。
道のりを求めたい時は「み」の部分を隠して、速さ×時間となります。求めたい部分を隠して使います。

道のり=速さ×時間

速さ=道のり÷時間

時間=道のり÷速さ

と、なります。速さの計算に慣れるまでは、問題に取り組む前にこの図を書いておくとよいでしょう。頭の中で思い浮かべるよりも、実際に目で見て、手で隠しながら式を作った方が簡単です。

スポンサーリンク
  • <<基本 小数  基本 割合>>
  • 基本の最初のページへ
  • 目次へ
  • 中学受験のための算数塾TOPページへ
  •