中学受験に必要な算数の基本テクニックを紹介しています。中学受験算数の独特な解法は、小学校では教わらない「裏技」的なものが多いので注意が必要です。
例題を使って、コツやポイントを押さえながら、なるべく丁寧な解説を心がけました。皆さまの理解の手助けとなれば嬉しいです。

スポンサーリンク
 

数列の練習問題① 基礎編

数列の基本問題

こちらは、数列の基本問題を載せているページです。
数列の詳しい解説はこちら標準問題はこちら応用問題はこちらへどうぞ。

(基本問題1)次の数列の□に入る数字はいくつでしょう。

2, 5, 8, 11, □, 17, ・・・

この数列は、初めの数が2、公差が3の等差数列です。

□に入る数字は、

11+3=14

よって答えは

14

スポンサーリンク
(基本問題2)次の数列の□に入る数字はいくつでしょう。

100, 94, 88, 82, □, 70, ・・・

この数列は、初めの数が100、公差が-6の等差数列です。

□に入る数字は、

82-6=76

よって答えは

76

(基本問題3)次の数列の□に入る数字はいくつでしょう。

4, 12, 36, □, 324, ・・・

この数列は、初めの数が4、公比が3の等比数列です。

□に入る数字は、

36×3=108

よって答えは

108

(基本問題4)次の数列の□に入る数字はいくつでしょう。

3, 5, 10, 18, 29, □, 60, ・・・

いくつ足すと次の項になるのかを見てみましょう。

「2, 5, 8, 11,・・・」と、初めの数が2、公差が3の等差数列が出てきたのが見えますでしょうか。 これで、「+11」の次は「+14」であることがわかります。
よって□に入る数字は、

29+14=43

よって答えは

43

(基本問題5)次の数列の□に入る数字はいくつでしょう。

1, 2, 3, 4, , 6, ・・・
35711

最初の1は1なので、
1

1, 2, 3, 4, , 6,・・・
135711

分母と分子を別々に考えていきます。

分子は、初めの数が1、公差が1の等差数列で、分母は、初めの数が1、公差が2の等差数列です。
よって□に入る数字は、

分子
4+1=5

分母
7+2=9

よって答えは

5
9

スポンサーリンク
(基本問題6)次の数列の□に入る数字はいくつでしょう。

1, 1, 2, 3, 5, 8, □, 21, ・・・

この数列は、前の2つの数を足すと次の数になるフィボナッチ数列です。

□に入る数字は、

5+8=13

よって答えは

13

スポンサーリンク
  • ニュートン算の練習問題②>>  数列の練習問題②>>
  • 数列の詳しい解説へ
  • 前の講座・ニュートン算の詳しい解説へ
  • 目次へ
  • 中学受験のための算数塾TOPページへ
  •