中学受験に必要な算数の基本テクニックを紹介しています。中学受験算数の独特な解法は、小学校では教わらない「裏技」的なものが多いので注意が必要です。
例題を使って、コツやポイントを押さえながら、なるべく丁寧な解説を心がけました。皆さまの理解の手助けとなれば嬉しいです。

スポンサーリンク
 

流水算の練習問題① 基礎編

流水算の基本問題

こちらは、流水算の基本問題を載せているページです。
流水算の詳しい解説はこちら標準問題はこちら応用問題はこちらへどうぞ。
川を上る時は、川の流れの速さのぶん船は遅くなります。川を下る時は、川の流れの速さのぶん船は速くなります。

(基本問題1)静水時の速さが時速5kmの船があります。 川の流れの速さが時速1kmの時、この船が川を14km上ると何時間何分かかるでしょう。

船は川を上っているので、流れに逆らって進むぶん遅くなります。この船が川を上る速さは、

時速5km-時速1km=時速4km

時速4kmで14km進むので、かかる時間は、

14km÷時速4km=3.5時間

3.5時間=3時間30分

よって答えは

3時間30分

スポンサーリンク
(基本問題2)静水時の速さが分速100mの船があります。 この船が川を12km上るのに3時間20分かかりました。川の流れの速さは、分速何mでしょう。

船が川を上る時の速さを求めます。12km(12000m)上るのに3時間20分(200分)かかったので、

12000m÷200分=分速60m

これは、川の流れのぶん遅くなった状態での速さです。この船は、静水時では分速100mでしたので、川の流れの速さは、

分速100m-分速60m=分速40m

よって答えは

分速40m

(基本問題3)ある船が川を21km下るのに3時間かかりました。 川の流れの速さが時速2kmの時、この船の静水時の速さは時速何kmでしょう。

船が川を下る時の速さを求めます。21km下るのに3時間かかったので、

21km÷3時間=時速7km

これは、川の流れのぶん速くなった状態での速さです。川の流れの速さは時速2kmでしたので、船の静水時の速さは、

時速7km-時速2km=時速5km

よって答えは

時速5km

(基本問題4)静水時の速さが分速120mの船があります。 川の流れの速さが分速80mの時、この船が川を18km下るのにかかる時間は何時間何分でしょう。

船は川を下るので、川の流れのぶん速くなります。その速さは、

分速120m+分速80m=分速200m

この速さで18km(18000m)進むので、かかる時間は、

18000m÷分速200m
=90分
=1時間30分

よって答えは

1時間30分

(基本問題5)静水時の速さが時速12kmの船があります。 川の流れの速さが分速30mのとき、この船が5440m上るのにかかる時間は何分でしょう。

船の速さを、分速mに直します。(速さの単位変換の方法はこちら

時速12km=分速200m

船は川を上るので、川の流れのぶん遅くなります、その速さは、

分速200m-分速30m=分速170m

この速さで5440m進むので、かかる時間は、

5440m÷分速170m=32分

よって答えは

32分

スポンサーリンク
  • <<通過算の練習問題③  流水算の練習問題②>>
  • 流水算の詳しい解説へ
  • 前の講座・通過算の詳しい解説へ
  • 目次へ
  • 中学受験のための算数塾TOPページへ
  •